日本版ISA「NISA」にはどのようなデメリットがあるか

NISAのデメリット

NISA

イギリスなどの海外で既に人気のあるISAの日本版ISAに多くの人々が興味を持っているようです。推定では、初年度に約500万人の利用が見込まれるなど、日本版ISAの魅力に多くの人が引かれているようです。

日本版ISAのメリットは譲渡益や分配金などにかかる税金が非課税になります。株式投資などに対する「軽減税率」が、平成25年12月31日で終わった後の代替制度としての役割も果たすため、注目が集まっているのも不思議ではありません。しかし、これほど魅力的な日本版ISAも、投資である故に、メリットとデメリットがあります。事前にしっかりと制度を学んで、最適な投資方法を選択できるようになる事が成功の秘訣です。日本版ISAから十分の利益を生み出せるように、今回はいくつかのデメリットを取り上げます。これらを覚えておくと、デメリットを考慮に入れた賢い資産運用が可能になります。

 

日本版ISAのデメリット

損益通算ができない点

多くの投資商品(上場株式、外国為替証拠金取引、デリバティブ系の商品など)は、1年間の損益を通算して計算できます。例えば、株式の配当・売却益が大きくても、FXで大きな損をしてしまった場合、利益と損失が相殺されて、税金に有利になります。日本版ISAでは、こうした制度が利用できません。他の口座との損益通算ができず、譲渡をした場合の損失も、他の1年間の所得から軽減する事ができない事になっています。

 

再投資ができない点

ISA口座に投資した商品を1度売却してしまうと、その資金で再投資をしても非課税になりません。非課税期間が5年と設定されていますので、ある程度の投資分が口座に縛り付けられる事にもなる、という点もデメリットの1つです。

 

金融機関の変更ができない

2013年10月から始まる日本版ISA口座申し込みにおいて、一旦NISA口座を開設すると、最低4年間は金融機関の変更ができません。それぞれの金融機関が魅力的な商品を出してきますので、自分にあったサービス、商品を提供する金融機関選びが大切です。
このデメリットが変更される可能がでてきました!詳しくはNISA口座複数開設で。

 

 

これらのデメリットを考慮に入れると、日本版ISAで上手に資産運用するためには、5年、10年という長期間動かす必要のない資産作りを考える必要がありそうです。

NISA口座開設おすすめ証券会社ランキング

マネックス証券


マネックス証券の公式サイトへ



ライブスター証券


ライブスター証券の公式サイトへ



SBI証券


SBI証券の公式サイトへ